2015年8月26日水曜日

YAPC::ASIA 2015 参加メモ

参加したところ

  • 日時: 2015/08/21(金) 10:00 - 18:00(懇親会)
  • 日時: 2015/08/22(土) 10:00 - 18:00
  • 会場: 国際展示場 会議棟
  • ホームページ: http://yapcasia.org/2015/
  • hash tag: #yapcasia

初めてのYAPC::ASIAでした

懇親会は大盛況でした。

ネットワークエンジニアでRubyがメインの私にとって、今回、初めてのYAPC::ASIAでした。

金曜日と土曜日の両日参加し、懇親会にも参加できました。

多くのOSSの開発者と話ができたこと(アイコンと顔が一致した)が一番よかったです。

YAPC::ASIAを快適に過ごしている裏で、YAPC::ASIAの開催側でいろいろなかたが努力しているのを感じました。 ありがとうございました。

「blogを書くまでがYAPC」ということで、2つの発表について振り返ろうと思います。 (YAPC::ASIAのあとに家族旅行があり、blog更新が遅くなりました。)

それは僕たちのドメイン・DNS運用

某面白法人でのDNSレコード(受託のWebサイトのレコードなど)の管理方法についての話でした。

  • AWSのRoute53での運用をするようになった
  • その運用のツールとして、Roadworkerというツールを使っている
  • Circle CIを使ってCIを回している
  • 実際にDNSレコードが反映されているかはテストしていない

このような話だったので、@jiggyakkumaさんと、次のようなやりとりで、 テストツール(infrataster-plugin-dns, rspec-dns)を紹介したのですが。。。

Roadworkerにテストコマンドあるじゃん!! という落ちでした。

Roadworkerはとても良さそうなので、 AWSのRoute53以外のDNSレコードの運用にも応用したい熱が上昇中です。

3分でサービスのOSを入れ替える技術

タイトルでは想像できないくらいいろんな取り組みをしていて、とても参考になる話でした。

まず、課題設定として、「Do scale-out with extremely rapid automation!!!1」という ところからのスタートです。 この課題に向けて、どのようなアプローチをとるのか。

アプローチとしては、以下のようなアプローチのようです。

  • アプローチ
    • Infrastructure as a Code化
      • VMの作成手順書からPuppetへの置き換え
      • puppetマニフェストの修正
    • VMのサービスへの投入の自動化
      • ノードのImmutable化
      • 現実の手順をコードにする
    • クラウド指向のアーキテクチャの導入
      • 監視などで登録を手動でやらないといけないものからの脱却
      • fluentdなどでのログの収集自動化
    • コマンド化
      • コマンドをthorなどを使って簡単に!
    • VM起動時間の短縮
      • Packerを使って、起動のためのphaseを段階を分けて実行するように
        • Minimal image(phase1)
        • Role specified(phase2)
    • Infra CI
      • Severspecなどを使って、壊れていないことを確認できるようにする
    • OSの切り替え
      • Secientific LinuxからCent OS7 へ
    • Blue Green デプロイ
      • Nginx などでの切り替え(ELBはここでは使わない)
    • (将来)ここまで来たらDockerとかも考えられる

コード化して、CI回しながら、リファクタリング という、 ソフトウェア開発的なアプローチでの置き換えにより、 短期間での実現したという素晴らしい内容でした。

「すばらしい」のだが、一方で、「自分でもできるのではないか?」 と 思うことができて、成功体験の共有は素晴らしい と思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿